腰ふりオナニーは実践スパーリングだ!!

女性の膣でイケない男たちよ!日々、オナニートレーニングに励んでいることと思います。

よほどの身体的な問題がある例外の除いて、正しい改善方法を続ければ膣内射精障害はほぼ100%克服できます。女性とのセックスで射精するという目標のために今日もがんばりましょう。 「腰ふりオナニーは実践スパーリングだ!!」の続きを読む…

PC筋トレーニングの劇的な効果と最適な方法

膣内射精障害の原因のひとつにPC筋の衰えが関係している、らしい。衰えた筋肉は鍛えることで回復、強化できるのでさっそく対処法を調べてみました。PC筋を鍛えると、膣内射精障害の克服だけでなく、普通のセックスでも、通常よりもはるかに女性を喜ばせるSexが可能になるということです。

「PC筋トレーニングの劇的な効果と最適な方法」の続きを読む…

腹筋ローラーでセックスに強くなれる

セックスに強くなるための筋トレでおすすめなのが、腹筋ローラーを使ったお手軽筋トレです。お手軽ながら効果は絶大。体力不足や加齢による筋力低下による射精障害や遅漏ぎみの方はぜひ日々の習慣として取り入れてみることをお勧めします。

「腹筋ローラーでセックスに強くなれる」の続きを読む…

膣内射精障害改善におすすめのオナホール「淫熟名器物語」

オナホールには、実際のに極めて近いタイプのオナホールがあります。膣内射精障害を克服するためにオナホールを使ったオナニーは非常に有効です。

床オナニーや強いグリップ、包皮オナニーなど、現実の膣内とは違う間違ったオナニーをしていた人なら膣の感覚に近いオナホールを使用することで劇的に症状が改善する可能性があります。 「膣内射精障害改善におすすめのオナホール「淫熟名器物語」」の続きを読む…

オナ禁は有効か?最適なオナニーのペースは週1回

オナ禁というのは文字通りオナニーを禁止するということですが、このオナ禁を適度な間隔で行うことにより射精しやすくなります。軽度の遅漏や膣内射精障害の方なら、1週間から10日くらいオナ禁してSexすれば、意外に射精できる場合があります。遅漏や膣内射精障害か?と疑う前にぜひ、試してほしい方法です。 「オナ禁は有効か?最適なオナニーのペースは週1回」の続きを読む…

Sexで射精できない!あなたの症状はどの段階?

射精に関する障害、症状として、遅漏や膣内射精障害というものがあります。それぞれの違いについて、段階的に区別して理解しておきましょう。あなたの現在の状態がどのレベルなのかを知っておくことは、遅漏や膣内射精障害の改善をしていく上で大切なことです。 「Sexで射精できない!あなたの症状はどの段階?」の続きを読む…

早漏と遅漏、女性に嫌われるのは・・・?

女性には早漏と遅漏のどちらが嫌らわれているでしょうか?世の中の男性の悩みとして圧倒的にメジャーなのは早漏で、数々の対策法が言われていたり関連本なども販売されていますが、近年遅漏についての悩みも増えています。ここでは女性の側からみた、早漏が嫌い?それとも遅漏が嫌い?に関してお話しましょう。
「早漏と遅漏、女性に嫌われるのは・・・?」の続きを読む…

膣内射精障害克服体験記その1~オナホールでオナニー開始

膣内射精障害かもしれない・・・。そう思っていろいろとネットで調べてみた私は、どうやら間違いなくこの障害を持つ一人だと確信しました。自分の症状としては、「オナニーでは射精するし、セックスの時にも勃起はする。しかし、膣に挿入してしばらくすると萎えてしまい、射精まで至らないことが多い」というものでした。特にお酒を飲んだ後はほぼ100%射精出来ずに終わります。 「膣内射精障害克服体験記その1~オナホールでオナニー開始」の続きを読む…

コンドームマス法の正しいやり方

「コンドームマス法」とは膣内射精障害や遅漏を改善するためのオナニー方法で、「コンドーム・マスターベーション法」の略です。「あべメンタルクリニック」の阿部輝夫先生によって考案されました。膣内射精障害の原因のひとつには、オナニーの際にペニスに膣内よりも強い刺激を与えてきた間違ったオナニーがあげられます。そこで有効な改善のひとつが、低刺激でのオナニーです。コンドームマス法はペニスをゆるやかな刺激で勃起し射精させることで膣内でもイケるようになることを目指します。 「コンドームマス法の正しいやり方」の続きを読む…

膣内射精するための体力トレーニング

膣内射精障害を克服するためのおすすめの基礎体力トレーニングは、セックスを想定したトレーニングです。体力がないと、性感を感じられるよりも先に疲れてしまい射精に至ることができません。若いうちは少々の射精障害も激しいピストン運動で乗り越えられることができた人も、加齢による体力の減少に負けてしまいセックスで射精することができなくなることがあります。 「膣内射精するための体力トレーニング」の続きを読む…

正しいオナニーのやり方(男性向け)

男性のための正しいオナニーのやり方、方法を紹介します。

オナニーは個人的に楽しむもの。本来は自由な方法でやればよいのですが、間違ったオナニーをしているとセックスで射精できない膣内射精障害になる可能性が非常に高くなります

正しいオナニーを行うことで将来的に悩みを抱えることがなくなりSexで女性を十分に満足させられるようになります。また現在すでに遅漏や膣内射精障害で悩んでいる人は今からでも改善することができます。 「正しいオナニーのやり方(男性向け)」の続きを読む…

膣内射精障害克服のために最初にすべきこと

プチオナ禁のすすめ

膣内射精障害克服のために、まず最初にすることは・・・。
しばらくオナニーを一切しないことです。

膣内射精障害であると自覚したなら、その原因と考えられるオナニーの頻度を下げることから始めなければいけません。 「膣内射精障害克服のために最初にすべきこと」の続きを読む…

膣内射精障害の原因となる間違ったオナニー方法まとめ

膣内射精障害の最大の原因と考えられているのが間違ったオナニー(自慰行為)によるものです。間違ったオナニーによって、実際の性行為での膣内の感覚とは違う方法で射精することになれてしまったため、本物の女性の中で快感を感じられなくなってしまうのです。

ここでは、膣内射精障害の原因となる間違ったオナニーの方法をあげておきます。
射精障害の症状がある人はもちろん今は正常にセックスができている人も、ここにあげる間違ったオナニーだけはしないでください。 「膣内射精障害の原因となる間違ったオナニー方法まとめ」の続きを読む…

原因

膣内射精障害かもしれない。

希望

膣内射精障害という言葉に出会った時、ああ、自分だけの悩みではなかったんだ、とある種救われた気がしました。

そして多くの男性が女性とのSexでイケないという深刻な悩みを抱えていることを知り、実際にそれを改善している人もまた、たくさん存在するということで希望と勇気をもらいました。 「膣内射精障害かもしれない。」の続きを読む…