Sexで射精できない!あなたの症状はどの段階?

射精に関する障害、症状として、遅漏や膣内射精障害というものがあります。それぞれの違いについて、段階的に区別して理解しておきましょう。あなたの現在の状態がどのレベルなのかを知っておくことは、遅漏や膣内射精障害の改善をしていく上で大切なことです。

遅漏と膣内射精障害の違いは?

遅漏とは、Sexにおいて射精に至るまでの時間が長い状態です。早漏の反対語です。何に対して長いのか、どのくらいの時間なら遅漏というのか?については明確に定義されていません。本人、あるいはパートナーが「長い」と感じたり、本人がイキたいと思ってもなかなか射精できない、と感じるならそれは遅漏と言えるでしょう。

膣内射精障害は、膣刺激による射精が困難になることで、オナニーや手こきなどでは射精できるのに、性行為では射精まで至らない状態のことです。遅漏がなんとか射精できるのに対して、膣内射精障害では射精することができない状態で、遅漏よりも射精障害が進んだ状態、ということが言えます。

ちなみに早漏とは意に反して射精が早期に起こるものをいい、この早漏を含めて遅漏、膣内射精障害とも、射精障害(射精困難状態)に含まれます。

射精障害の段階レベル

Sexで射精できない!あなたの症状はどの段階?

射精するまでの時間と状態などの症状からレベル分けしてみると、

A: 早漏(膣内やソフトな刺激でもすぐ射精してしまう)

B: 通常の状態(性行為で何の問題もなく射精に至る)

C: 遅漏(射精することはできるがかなり時間がかかる)

D: 軽度の膣内射精障害(膣内での射精が困難、中折れするか勃起していても長時間射精しないためあきらめることが多い。パートナーの口や手では射精できる。)

E: 重度の膣内射精障害(膣内、パートナーの口や手でも射精できないがオナニーなら射精できる。)

オナニーでも射精できない、そもそも勃起しないという場合は、EDなど性機能障害となり当サイトでは論じません。

当サイトで解決方法を提示しているのは、管理人自身が体験し克服した、C~D、そして同じ方法で改善できると思われるEの3つの段階レベルにいる方への情報です。

この3つの段階にいる方は、きちんとしたトレーニングで膣内射精障害を克服できる可能性が極めて高いです。あきらめずにチャンレンジすることをおすすめします。

膣内射精障害を1カ月半で克服した方法とは?

Sexで満足に射精できない「膣内射精傷害」を克服するために、私がやったのはオナニーのやり方を変えることでした。

たったそれだけのことで、仕事が手につかないほど悩んでいた私がわずか一ヵ月半でセックスで問題なく射精できるようになったのです。

この方法は、遅漏や膣内射精障害だけでなく早漏で悩んでいる人にも効果が期待できます。

私、Kが実際に行った方法や実践する上でのポイント、注意点などをすべて公開していますのでこちらからご覧ください。

>>膣内射精障害克服オナニー実践方法はこちら<<

コメントを残す