今すぐ膣内射精障害・遅漏を治すための方法(オナトレ)

女性とのセックスでなかなかイケない。またはまったく射精出来ない方への改善方法として推奨するオナニートレーニング(略してオナトレ)の解説ページです。射精障害は何をすればすぐ治るのか?ということにお答えするコンテンツです。膣内射精障害、遅漏などで悩んでいる方はまずここに書いてあることをそのまま実行してください。

膣内射精障害・遅漏を治すための方法

1、オナ禁

まずペニスの感覚をリセットするために10日間のオナ禁をします。
オナニーを一切せずに10日間我慢してください。遅漏や膣内射精障害の原因の多くはオナニーに問題があることが分かっています。症状が軽度の場合はオナニーをしばらく我慢することだけでもセックスで射精できるようになる場合があります

 【関連記事】
 オナ禁は有効か?最適なオナニーのペースは週1回

2、オナニートレーニングの開始。

10日間のオナ禁が終わったら、いよいよオナニーによる射精機能回復訓練を行います。

用意するもの

オナホール淫熟に代表される低刺激性のもの)
コンドーム超薄型タイプ
ローション(「オナホールに合うおすすめローション」参照 )

何もつけずに手でしごいたり、モノにこすりつけるなどの間違ったオナニーはすぐにやめましょう。手の握りによる過度な圧迫など実際の膣内とは異なる刺激で射精する癖を改善するために当サイトではオナホールを用いたオナニー方法を推奨しています。

 【関連記事】
 膣内障害を克服するためのおすすめのグッズセット

オナニートレーニングの具体的な方法

まず、ペニスを勃起させます。なるべく「想像」だけでイケるのがベストですが、最初はソフトなAVを見ながらでもOKです。間違っても過激な趣味のAVは見ないようにしてください。

 【関連記事】
 AVでオナニーをしすぎると性機能障害になる!?

勃起したらコンドームをしてホールに挿入します。ホールを持つ手はソフトに握り、ゆっくり動かして、快感を味わいながらオナニーします。決して高速ピストンはしてはいけません。

この時点ではイクことが目的ではありません。ペニスの感覚を取り戻すことが大切です。邪念を振り払い、エロい気持ちに浸ってペニスの感覚に集中してください。

AVは見続けないようにしてください。勃起してホールを挿入したら、そのあとは目を閉じイメージだけで射精できるように心がけましょう。

最初は全然感じないかもしれません。AVの刺激になれた人にはすぐしぼんでしまうこともあるでしょう。

しかし、これはただの快楽のオナニーではなく、訓練であることを忘れないでください。

ペニスが萎えてしまったら、刺激で復活させようとせずに、AVを見たりしてイメージを膨らませて勃起するまで待ちます。

オナニーの所要時間は30分以上かけてください。

今まで3分や5分の自分本位なオナニーをしていた人は要注意です。ここでかける時間がセックスでペニスの勃起力が維持できる時間です。短時間で手を抜いたオナニーをしているから中折れしてしまうのです。

また、コンドームを装着するとイケない、という場合もあるかと思います。その場合、最初はゴムなしで挿入して慣れてからコンドームをつけてオナホールに挿入してください。

実際の通常のセックスでは妊娠や病気を防ぐためにコンドームを着用することがほとんどだと思います。あくまでも本当のセックスで射精できるようになるための訓練ですので、最終的にコンドームを使って射精できなければ本番に使える状態にはなりません。

このトレーニングは3日~1週間に1回行います。それ以外の日はオナニー禁止です。

オナニーの頻度を減らすこともペニスの感度を良くするために不可欠なので厳守してください。思春期以外の成人男性なら1週間に1回がおすすめです。

このオナニートレーニング法は医師も薦めている方法で、強い刺激になれたペニスの感度を膣で気持ちよくなれる正常な状態に戻し、AVによって現実離れした性対象でしか興奮できなくなってしまった誤った性的イメージを修正するプログラムです。

こちらの「正しいオナニーの仕方」という記事にも書きましたが、仕上げに「腰ふりオナニー」で射精できるようにすれば万全です。

私自身はこの方法を1ヶ月半続けた後、無事に女性とのセックスで射精できるようになりました。

 【関連記事】
 正しいオナニーのやり方
 膣内射精障害の原因となる間違ったオナニーまとめ
 膣内射精障害克服体験記~ついに射精することができた!

人それぞれ、現在の症状によって、効果に差はあるかと思いますが、あきらめずに続けてみてください。

膣内射精障害を1カ月半で克服した方法とは?

Sexで満足に射精できない「膣内射精傷害」を克服するために、私がやったのはオナニーのやり方を変えることでした。

たったそれだけのことで、仕事が手につかないほど悩んでいた私がわずか一ヵ月半でセックスで問題なく射精できるようになったのです。

この方法は、遅漏や膣内射精障害だけでなく早漏で悩んでいる人にも効果が期待できます。

私、Kが実際に行った方法や実践する上でのポイント、注意点などをすべて公開していますのでこちらからご覧ください。

>>膣内射精障害克服オナニー実践方法はこちら<<

8件のコメント

  • 匿名

    官能小説はオカズしてはダメですか?

    • K氏

      基本的なおすすめの順番としては、こちらのページで紹介していますように、「想像>着衣の女性写真>エロい写真>グラビア動画>ソフトなAV>マニアックなAV」となります。官能小説は映像がない分、想像力が必要ですから、この中でも比較的よい方にランクされるのではないかと思います。ただ、官能小説の場合、表現やシチュエーションが現実よりもエロ過ぎる場合が多いような気もしますので、私としてはおすすめはしません。やはり、あくまでも、「自分」が現実的な性行為を想像できる(再現可能と思われる)オカズであるべきではないかと思います。

  • 匿名

    最近風俗に行って出せないことに気付きこのサイトにたどり着きました。
    そろそろ婚活をしようと考えていたので自分に対してプレッシャーにならない程度にがんばってみます。

    • K氏

      匿名さま

      心因性ということもありますから、リラックスは大切ですね。精神面、肉体面ともに間違った方向にいかないように普段から気をつけていただければと思います。また婚活の成功もお祈りしております。

  • 匿名

    小学生低学年くらいから高校生まで長年床でしてしまっていたのですが、この方法で、オナ禁期間をもっと増やすべきですか?

    • K氏

      オナ禁をするのはペニスの感覚をリセットする意味をこめて最初だけです。以降は週に1~2回などの適度な頻度でトレーニングすることをおすすめしています。

  • ゆう

    はじめまして。
    僕は、逆に早いです。フェラとか手コキならいいのですが、挿入するとなるとすぐイッてしまいます(泣)

    これも問題ですよね。
    オナホールで快感を味わってゆっくり30分なんて無理なのですが、どうすれば良いのでしょうか?

    • K氏

      早漏の悩みも深刻ですよね。私も経験していますのでよく分かります。その場合も、遅漏や膣内射精障害克服法同じようにソフトな刺激で時間をかけてオナニーをすることで改善されることが多いかと思います。精神的な影響も大きいですから、オナトレとともに、セックスの回数と人数をこなしていくことやすぐに射精してしまっても気にしないようにしてその分回数で勝負するぞ!と心がける、、などの積極的チャレンジで克服していきましょう。

コメントを残す