今日からできる膣内射精障害を治すためのアクションプラン

このブログは、実際に膣内射精障害を克服した管理人「K氏」が、
同じように膣内射精障害や遅漏などのセックスの悩みを抱えている男性やそのパートナーの方の参考になるように
具体的な解決方法や克服体験談を掲載しているものです。

※幼少期から続けてきた床オナニーのせいで膣内射精障害になり、いったん克服したものの早漏に。
その後包茎手術を経て、やがて遅漏、膣内射精障害、心因性EDとありとあらゆる下半身トラブルを抱えた男のストーリーはこちらです。
≫K氏のストーリー

当ブログの記事一覧を一気に見るならこちらです。

本気で膣内射精障害を克服したいという方のために、最速で克服するためのプランを用意しました。
はじめてこのブログに訪問した際は目次にしたがってぜひ順番にご覧ください。

今日からできる膣内射精障害を治すためのアクションプラン

目次

一口に膣内射精障害と言っても軽度の遅漏から重度の膣内射精障害まで症状は様々です。まずは自分の現在の状態を知ってから必要な訓練、トレーニング方法を知って実践していきましょう。膣内射精障害の克服までには早い人なら数週間。遅い人なら1年くらいかかる場合もあるようです。長い期間をかけて症状が悪化している人ならそれだけ改善までの道のりも遠くなるかもしれませんが、根気よく続けていくことでたくさんの人が膣内射精障害を克服しています。

 現在の状態を知る

 Sexで射精できない!あなたの症状はどの段階?
 EDと膣内射精障害の違い

基本的には、オナニーでは射精できるけどセックスで射精が困難な状態が膣内射精障害です。高速ピストンなどの激しいセックスや長時間挿入していないと射精できない遅漏も膣内射精障害です。毎回ではなく時々イケない時がある、という方も早めに対策をしておいた方がいいでしょう。また似たような症状でもEDの場合があります。EDの疑いのある人は医師の診断と処方が必要です。

 

 原因を知る

 膣内射精障害の3つの原因
 射精障害の原因は11個あるという話
 膣内射精障害の原因となる間違ったオナニー方法まとめ

膣内射精障害になってしまったのには必ず原因があります。多くは間違ったオナニーによるものです。自分のオナニーが他人と違っているとか間違っているとか普通の人は考えもしないことですが、性生活に深刻な問題を引き起こすことが分かっています。自分が何をしてこうなったのか?を確認できれば、今後の対策ができます。

 

 克服のための正しい知識を身につける

 膣内射精障害の基礎知識

膣内射精障害を克服するために必要になりそうな基礎的な知識をまとめています。この項目は実際のトレーニングを始める前に一度目を通しておいて下さい。訓練の重要性や意味がより分かりやすくなると思います。

 

 オナニーによるトレーニングを開始する

 正しいオナニーの仕方
 膣内射精障害を本気で治すための方法あれこれ

ここで紹介する「正しいオナニー」こそが膣内射精障害を劇的に改善してくれます。最初はとまどうかもしれません。時間ばかりかかってまったく気持ちよくないオナニーになってしまうかもしれません。人生の楽しみが奪われたような気になるかもしれません。膣内射精障害克服のためのオナニーは一時的な快楽のためではなく、訓練、トレーニングという位置づけになります。でも、頑張って続けていけば必ずいいことが起こります。オナニーよりも実際の女性とのセックスの方が気持ちいいし幸せな気持ちになれるものです。膣内射精障害を克服すればそれは現実になります。

またオナニートレーニングとあわせて、生活習慣の改善などで射精力を高めるようにしていきましょう。

 

 さあ本番だ!セックスをしよう!

 セックスする時の心構えについて
 膣内射精障害でも射精しやすい体位を考える

いよいよ本番です。オナニーで十分にトレーニングを積んできた人なら大丈夫、リラックスしてセックスを楽しみましょう。セックスでは毎回射精しなければダメだ、という考えは捨てて、何よりも楽しむように心がけて下さい。訓練によってペニスの感度や性的イメージの改善が出来ていれば、以前よりももっとセックスで気持ちよくなれていることに気づくハズです。

 

 女性の協力があれば改善は飛躍的に早まる

 セックスの時に彼にしてあげること

もし、あなたに定期的にセックスのパートナーとなる相手がいるならラッキーです。膣内射精障害の改善は飛躍的に早まります。お互いの幸せのために、正直に膣内射精障害を告白して話し合い、ぜひ協力してもらうようにしてください。