自分の症状はどの程度ですか?(床オナで射精障害になったケース)

手でのオナニーで勃起はするけど射精できません。重度でしょうか?
改善の可能性は高いと思われます。手ではなくオナホールを使用したオナトレを根気よく実践しましょう。

047

  質問の内容

20歳の大学生です。中学生くらいから床オナニーをしていて最近手で射精できないことに気づき、最近は訓練をしているのですが射精できていません。

訓練の内容はソフトなAVを時々見ながら手でオナニーをするという内容で勃起もしますし、こすっていればがまん汁も出るのですが射精までには至りません。そのうち我慢できなくなって床オナニーをするとほんの数回の軽い刺激で射精するぐらいの状態までには行けるのですが・・・

かなり重度の状態でしょうか?

それとオナホールの購入も考えています。
具体的なアドバイスをよろしくお願いします。

 回答

こんにちは、Kです。
ブログをご覧になりお問い合わせいただきありがとうございます。

> 20歳の大学生です。中学生くらいから床オナニーをしていて最近手で射精できないことに気づき、最近は訓練をしているのですが射精できていません。

セックスは未経験ですか?もし機会があればまず体験してみて下さい
好きな人相手だと射精できなかった場合に嫌われてしまうとまずいかもしれませんが・・・。

実際にセックスしてみて気持ちいいと感じれるか?勃起するか?射精できるか?
という貴重な情報が得られます。

> 訓練の内容はソフトなAVを時々見ながら手でオナニーをするという内容で勃起もしますし、こすっていればがまん汁も出るのですが射精までには至りません。
> そのうち我慢できなくなって床オナニーをするとほんの数回の軽い刺激で射精するぐらいの状態までには行けるのですが・・・
> かなり重度の状態でしょうか?

手でしごいて勃起できているなら重度ではないようですね。
トレーニングを繰り返すことで改善は可能だと思います。
しかし、床オナ出身者は手でしごくと刺激のコントロールが上手ではないので、最悪の場合膣内射精障害を悪化させる恐れがありますので注意が必要です。

すでにご覧いただいているかと思いますが、こちらで正しいオナニートレーニングのやり方、注意点を守って根気よく行ってください。トレーニングですから射精することにこだわらないことが大切です。

> それとオナホールの購入も考えています。

床オナからの脱却にはオナホールの使用をおすすめします。
慣れた体勢をとれて本番のセックスにも対応できる据置型のホールで始める方がいいでしょう。
一番のおすすめは極上生腰ですが、高価ですし品切れでほとんど買えなにのが難点ですね。

 【関連記事】 膣内障害を克服するためのおすすめのグッズセット

床オナからの脱却、膣内射精障害の克服は時間のかかる方も多いので、
ぜひ今までの方法に戻ることなく、根気よくトレーニングしてください。

また何かありましたら、いつでもご連絡ください。

※当ブログ管理人K氏への質問・ご相談はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

膣内射精障害を1カ月半で克服した方法とは?

Sexで満足に射精できない「膣内射精傷害」を克服するために、私がやったのはオナニーのやり方を変えることでした。

たったそれだけのことで、仕事が手につかないほど悩んでいた私がわずか一ヵ月半でセックスで問題なく射精できるようになったのです。

この方法は、遅漏や膣内射精障害だけでなく早漏で悩んでいる人にも効果が期待できます。

私、Kが実際に行った方法や実践する上でのポイント、注意点などをすべて公開していますのでこちらからご覧ください。

>>膣内射精障害克服オナニー実践方法はこちら<<

2件のコメント

  • 遅漏男

    遅漏で悩んでいます。
    ゆる系オナホ(ふわトロめいきを使用、力は入れていない)ではすぐに射精できますが、手ではなかなか射精できません。
    手の刺激が弱過ぎるからでしょうか?

    • K氏

      こんにちは、Kです。

      遅漏男さんは遅漏で悩んでいらっしゃるということですよね。正常な人でも手の刺激が強すぎることが原因で遅漏になってしまう例が多いですので、無理に手で射精しようと思わなくてもよいのではないでしょうか?

      私は「ふわとろ名器」は使ったことはありませんのでそのオナホが良いのか悪いのかは分かりませんが、刺激の少ない膣の感覚に近いオナホールでのオナニートレーニングを継続されることをおすすめします。

      遅漏改善のためには健康面や実際にセックスをする時にも注意しておきたいことがありますので、当ブログのコンテンツをぜひ参考にしていただければと思います。

      ●トップページ(目次)
      ⇒ http://tondemojoho.net/

K氏 にコメントする コメントをキャンセル