最高の膣内射精障害克服方法とは女性とのセックスである

膣内射精障害をなんとか克服したいと悩んでいる人は多い。当サイトではその改善方法のひとつとしてオナニーによる感度回復トレーニングを提案しています。しかし、それよりももっと効果のある膣内射精障害克服の方法があるのです。その方法を実践できるのは限られた条件を持つ男性に限られるのですが・・・。

天使のような女性

あなたを本気で愛してくれる人はいますか?

その方法は一人ではできません。あなたのことを心から愛し、あなたを救いたい、一緒に幸せになりたいと考える女性のパートナーが必要です。
無事に膣内射精障害を克服するまでにはその女性に大きな精神的、肉体的な負担、を与えてしまうことになります。

期間はいつまでになるか分かりません。
それは男性の症状の重さによってそれぞれ違います。

3ヶ月か半年か、
いや1年以上かかるか

先の見えない戦いに一緒に挑んでくれる女神。
そんな女性があなたのそばにいてくれるなら、あなたの膣内射精障害はきっと劇的に回復するでしょう。

おさらい・・・膣内射精障害の原因と克服方法

膣内射精障害とは、間違った高刺激のオナニーやAVなどを見てオナニーをしていたことにより、通常の女性とのセックスで膣の刺激で満足な快感が得られなくなってしまうものです。
勃起力が十分でも射精ができない場合や中折れしてしまう場合など症状には個人差があります。

いずれにせよ、膣内で射精できるようになるためには、女性の膣の刺激で興奮できるように慣れさせるしかありません。そのためのひとつの方法として当サイトでは膣内の感覚を模して造られた低刺激なオナホールを使ってAVを見ずにオナニーをする、という通称「オナトレ」を提案しているのです。

しかし、いくら膣の感覚に似せて作られたオナホールいえども本物にはかないません。
究極の膣内射精障害克服方法は女性の膣でトレーニングさせてもらうというものです。

女性に協力してもらう膣内射精障害克服トレーニングのやり方

まず男性(あなた)は、一切のオナニーをしないようにしてください。オナニートレーニングも含めて一切自分でペニスを刺激することは禁止です。
性的行為は彼女とのセックスだけに限定します。

オナ禁が1週間程度続けられたら彼女とセックスをします。あなたは膣内射精障害ですから膣に挿入してもあまり心地よくはないかもしれません。しかし射精しようとするあまり腰を早く動かしたり強く突くなどの行為は厳禁です。ゆっくり挿入し、ソフトに動きます。もちろん彼女の方も激しく動くことはせず、二人ともゆったりとセックスに身を任せるのです。セックスをしている相手を見て、その中に入っている、つながっているという快感を感じるようにします。

もしも途中で萎えてしまったら、手や口で元気にしてもらいまた挿入しましょう。ここでも強くこすってもらったりしないように。どうしても立たなかったらそこで終了です。1回のセックスは、ペニスや膣が痛くならない程度の時間で切り上げましょう。30分くらいが妥当かもしれません。

こうした刺激に頼らないセックスを週に2,3回行いましょう

最終的には射精できるようになるのが理想ですが、毎回のセックスでは無理に射精することを考えないようにします。ただ挿入するだけでいいのです。
本物の膣の刺激、本物のセックスの感覚にペニスも脳も次第に慣れていけば、間違ったオナニーで失った感覚が正常になっていきます。

この方法は私自身がかつて若かりし頃に最初の膣内射精障害を克服した方法で、実証済みでもあります。ちなみに二度目に膣内射精障害になった際は、そんな天使のような恋人はおらず一人で頑張りました・・・・。

誰もができる方法ではありませんが、協力してくれる女性がいる方はぜひ一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

膣内射精障害を1カ月半で克服した方法とは?

Sexで満足に射精できない「膣内射精傷害」を克服するために、私がやったのはオナニーのやり方を変えることでした。

たったそれだけのことで、仕事が手につかないほど悩んでいた私がわずか一ヵ月半でセックスで問題なく射精できるようになったのです。

この方法は、遅漏や膣内射精障害だけでなく早漏で悩んでいる人にも効果が期待できます。

私、Kが実際に行った方法や実践する上でのポイント、注意点などをすべて公開していますのでこちらからご覧ください。

>>膣内射精障害克服オナニー実践方法はこちら<<

コメントを残す